お客様の頭の中にあるイメージにエッセンスを加えることが私たち内装業の仕事|株式会社トータルプラス 中井賢一社長

東京都品川区に事務所を構える、株式会社トータルプラスの中井賢一社長。今回内装業に携わったきっかけから、これからの将来に関してお話を伺いました。

お金が欲しかったから、足を踏み込んだ内装業界

−−御社の事業内容について教えてください

東京都内で内装仕上げ工事、住宅リフォーム、店舗設計施工をしています。

1998年に個人事業主としてスタートし、2013年に現在の株式会社トータルプラスを設立しました。業務自体の内容は変わっていないんですが、個人事業主から有限会社、株式会社と段階を踏んでいますね。

−−内装業を行うきっかけを教えてください

就職しようと思った時、「これがやりたい!」とかの気持ちより、「お金がたくさん欲しいな」という気持ちしかなかったんです。働いたら働いた分だけお金がもらえる仕事を探してましたね。

そしたら内装業を見つけたので、内装会社に就職して、6年くらい技術面含め勉強させてもらいました。

そのあとは自分の働きやすい環境を目指すために独立し、会社を立ち上げたきっかけになりましたね。

−−個人事業主から会社を立ち上げるに至った経緯を教えてください

ある程度個人事業でやっていて、軌道に乗ってきたんです。まずは有限会社にしました。やはり「会社」とついたほうが、取引先にも安心していただけるかなと思ったんです。

個人事業主よりも有限会社にしたほうが見る目も変わったので、より信用していただくために株式会社にしました。自分の心境やおこなう業務内容に変わりはなかったんですが、周りの信用は格段に変わりましたね。もちろん税金といったお金のやりくりも変わりましたが、信用を得るために責任感を一層持つようになり、おかげで新しい企業様からの信用は全然違いましたね。

−−法人化してから苦労はありましたか?

個人でやっていた時は、社員は私1人だけだったので気楽に仕事をしていたんです。ご依頼いただいた案件を自分の経験踏まえて、こんな手順でやろうとか。

有限会社時に、複数名社員がいたんですね。その時は社員を守るために責任感を感じていました。

今は私と社員1人なので、できない作業や手が足りない時は外注に頼むようにしています。そうすることでよりお客様の内装イメージに繋ぎやすいのと、作業工程が早く進んだりするので。

自分以外の周りの人を意識することが法人化してからの、大変だったことですね。

お客様のイメージを目の前に提供する

−−どのような企業様と取引をされているのでしょうか?

当社では、店舗、事務所の内装仕上げ工事が多いんです。その中でも約7割は飲食店などの店舗改装ですね。エンドユーザー様と、お取引が多いです。

現在は店舗改装のご依頼が増えており、以前より店舗寄りになっていますね。もちろん店舗だけに絞っているわけではないですが、対応エリアに関してはご依頼いただいた案件を疎かにしたくないので、東京都内のお客様とお願いしております。

−−御社のこだわりや強みだと感じるところを教えてください

店舗系の内装工事は、デザイナーさんがいることが多いんですね。ただうちはデザイナーさんを入れていないので、お客様が持っているイメージを最大限、形にします。

そうすることで2つ利点があるんですよ。1つ目がお客様の満足が大きいんです。イメージをできるだけ変えずに目に見える形にするので、感動が大きいと感じます。

2つ目に料金を抑えることができます。もちろんお客様のご希望でデザイナーさんや建築士さんを間に挟みたい要望があれば、対応しますが、基本的に入れないようにしています。

お客様がイメージしている想像を形にできると、やはり満足度が高いですし、打ち合わせの段階からお客様と密に話し合いながらイメージを聞き出すので、自然と距離感が近くなるんです。

なので飲食店だと、営業時間中に自分が手がけた内装店舗に呼ばれることもあったり、何かあった時は声かけてくれたり、そういった関係性を作れているのも2つの強さとこだわりからですね。

−−中井さんが仕事をする上でのこだわりはありますか?

先ほど自分ができないこと、手が足りないところは外注すると言ったんですが、外注先の対応もお客様と同じ対応をしています。

正直これまで個人事業でやっていた時も、横柄な元請けさんをたくさん見てきたんです。「仕事を出してやっている」といった感じの。

自分ができない作業や、どうしても手が足りないところを「お願いしている」と言った心を絶対に忘れないようにしています。

心で思っていると自然と言葉も態度も変わるので、感謝の気持ちを忘れないようにしているのはこだわりですね。

これまで30年間、様々な協力会社さん、元請会社さんを見てきたからこそ、対応力と言ったところが身につきましたね。

若い世代に繋ぎたい。内装業界のこれから。

−−これからの将来に関して教えてください。

今までの経験してきた知識や、実績を活かしたいのはもちろんです。これからも飲食店や美容院など、店舗内装リフォームを中心に、もちろんそれ以外のご依頼があれば対応させていただきます。

また今の社員の子だったり、これから当社と関わるような若い人間だったり、同じ業界で生きている人たちに、受け継ぎたいと思います。私もいつまでも元気でいられるわけではないので、これからの世代の人たちへ貢献したいと思っています。

−−これからも大切にしていきたいことはなんですか?

昔バブルがはじけた時に内装業界が、盛り上がったんですよ。新築を立てるのにもお金がかかるので、今ある建物を最大限に活かそうとリユースの考え方に変わってきました。

現在大手ハウスメーカーさんもウイルス対策とか、テレワークに対応できる個室作りなどを手がけているので、これから先私たちの業界は伸びてくると思います。

その中でどうやって提供するかが重要だと思いますし、私自身人間関係に恵まれてきているので、今のご縁をこれからも大切にしていきたいですね。

さいごに

お客様のイメージを形にするには様々な引き出しが必要で、そのためには商材を見たり触ったり、カタログをこまめにチェックしたり、有名な会社が施工した物件に足を運んだりして、勉強するそうです。

そんな株式会社トータルプラス中井社長にご興味がございましたら、下記の会社ページからご連絡をお願いいたします。

株式会社トータルプラス 会社詳細ページ

Be the first to comment on "お客様の頭の中にあるイメージにエッセンスを加えることが私たち内装業の仕事|株式会社トータルプラス 中井賢一社長"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA