資格よりも大切?建設業界で本当に必要なスキルとは?

建設業ではコミュニケーションが大切です
コミュニケーション能力が求められる建設業

建設業界の仕事の多くは、建築に関する専門的な技術を活かして仕事を行うことはもちろんですが、あらゆる人と関わり、必要に応じて指示や相談を行うことや、関係機関に手続きを行うこと等仕事の内容は多肢に渡ります。

この記事では、仕事の基本となる報・連・相はもちろんですが、建設業界で生きていくために具体的にはどんなスキルが必要なのか、どの様なスキルがあるとこの業界で重宝される人材になるのかを解説します。

 

国家資格は必要不可欠?

建設業界で働く方にとって、特に持っておきたいのは建築に関する専門的なスキルです。専門的なスキルがあることで、周囲からの評価が得られやすくなり、言動に説得力が増し、仕事がやりやすさは格段にアップします。その専門的なスキルとは、具体的には仕事に直結する建設関係の国家資格を取得することが挙げられます。国家資格は、専門的な知識と技術力をわかりやすく周囲に提示してくれます。

また、建設関係の国家資格の多くは、取得することで建設業を営む営業所毎に置くことが義務付けられている専任技術者となることができるので、所属する企業からも重宝される人材となることは間違いありません。建設関係の国家資格は、どれも計画的な勉強を必要とする一定の難易度が設定されていますので、合格するための勉強の習慣や、勉強によって身についた知識は自分を助けてくれる大変な強みになります。

現場では判断力が求められます

現場では立場に応じたその場その場の判断力が重要になります

 

建設現場は問題が起きやすい?

建設業界の仕事は、あらゆることに気を配る必要があります。建設現場に従事する場合は日常的に危険が伴いますので、事故を起さないように危険を予知し、事故を未然に防ぐことや、気象状況との兼ね合いを検討し、近隣住民からのクレームが起こらず気持ちよく工事が進められるように細心の注意を払う必要があります。万が一指示書や図面に間違いや問題になりそうな箇所があれば、いち早く気づき、事が大きくなる前に対応することも必要なスキルと言えます。

問題が起こってしまった場合は、わだかまりが残らないような最善策を検討し、工期や予算に支障が出ないように、より早くその問題が解決できる能力があると、周囲の信頼を得ると共に、とても重宝される人となることができます。

 

コミュニケーション能力は?

建設業界の仕事は、とても多くの人と関わる仕事です。所属する企業の従業員さんはもちろんですが、施主さんや、建設現場の作業員さんや役所関係者、メーカーや取引先業者さん、現場周辺の近隣住民など挙げればきりがありません。この多くの人々とのコミュニケーションは、工事を円滑に進めるために必要不可欠なものになります。

時には交渉を行うことや、わかりやすい説明をすること、不快感を与えないように適した連絡を取ることなど、良好な人間関係を築くための能力は建設業界において一番欠かすことができないスキルだと言えます。

 

普通自動車免許は必要?

自動車免許は、持っていた方が絶対に仕事は円滑に進みます。建設現場に従事する場合や、営業職の場合は必須と言えるスキルです。指定された現場に問題なく行き着くためには、狭い道を通ることや、難しい縦列駐車を行わなければならないことなど、高度な運転の技術が必要とされるシーンに多々遭遇することになるでしょう。そのため、勤続年数が増すと多くの人が運転が上手くなります。

運転免許

運転免許があると円滑な業務の後押しになります

 

多忙な日々を乗り切る能力も!

時折その休暇の少なさと残業の多さが問題になる建設業界ですが、繁忙期や工期に余裕がない現場では特に多忙を極めることがあります。企業によっては多数の大きな現場を掛け持ちすることになりますので、その場合の忙しさは計り知れません。そんな多忙な日々を心も体も健康に乗り切るための自己管理をする能力は自分の身を守るためにとても大切です。あらゆるスキルを取得して、円滑に仕事を行い、時折上手に息抜きをしながら忙しい建設業界での日々を健康に乗り切れるといいですね。

 

Be the first to comment on "資格よりも大切?建設業界で本当に必要なスキルとは?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA