建設・建築に関する「あるあるネタ」

町並み

夏が本番に入りギラギラと暑い太陽が地面と肌を焦がす時期になりました。そんな暑い中でも休憩中に盛り上がれそうな、建設・建築に関する「あるあるネタ」をTwitterで集めてみました

 町中で顎紐焼けしている人を見かけると「同業者か?」と勘繰ってしまいます

土日でもないのにやけに人通りが多いな、なんて思っていると実は祝日だったというのは良くありますね
仕事さえなければ!仕事さえなければ自分も遊びに出掛けるのに!

 どこでも安全確認は大事ですね!

冬場は身体を動かしていた方がまだマシかもしれないですね

 「KYはあそこにいる。行こう」「(KY、それはどっちの?)」

使用済みの足場板を家具やフローリングに再利用するケースも増えているみたいですね

 ショベルカーよりもバックホウのほうが響きがカッコいいですもんね(必殺技みたいで)

とりあえず「はい!」と返事をしてお茶を濁す

 新品の最初の方は「キレイに使おう」と思っていても、少し汚れたらもうどうでもよくなってしまいます

朝早く、夜も遅いと睡眠時間の確保が難しいので仕方ないかも

現場から離れた時に揺れている感覚が残っていて「お、地震か?」というのもあります

いかがでしたでしょうか。まだまだあるとおもいます、「あるあるネタ」皆さんもぜひ探してみてください。

コメントする

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA