ズバリ!東京オリンピックまでとその先の建築物の予測!

東京23区内の2027年までに計画されている建築物を調査した結果を日経アーキテクチュアが発表

日経アーキテクチュアより「東京大改造マップ2020 最新版」が発売され、2020年東京オリンピックまでの建築物や2027年までに完成する延べ面積1万m2以上の建築物の調査が発表されました!

記事によると2020年の東京オリンピックまでは200万m2近くまで計画があるものの、
オリンピック以降の2021年は9万m2と一気に落ちることが予測されています。

東京23区内の2027年までに計画されている建築物を調査した結果を日経アーキテクチュアが発表

東京23区内の2027年までに計画されている建築物を調査した結果を日経アーキテクチュアが発表

東京23区内における建築物予測グラフ

都内では大規模工事は落ち着くものの、
2027年に向けたリニア中央新幹線開通(東京-名古屋間)もあり、
駅周辺の開発などがこれから進む可能性もありますね。

参照:日経BP
URL:http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/knp/news/20150406/697089/

Be the first to comment on "ズバリ!東京オリンピックまでとその先の建築物の予測!"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA