Dボード事業を新たに発足。父親から受け継いだ会社をさらに発展するために|株式会社伊勢津 小田努社長

株式会社伊勢津

「今までの内装業界とは違うことをしたかった」そんな風に語るのは、株式会社伊勢津 小田努社長。幼少期から父の背中を見て育ってきたからこそ、新しい事業の立ち上げに成功されました。

今回は、これまでのお仕事とこれからのお仕事についてお話を伺いました。

サラリーマン時代とのギャップ

−−御社の事業内容を教えてください。

当社では内装仕上げ工事業を行っています。

元々私が社長に着く前に、父親が家業としてやっていました。そのつながりで父親が退任し、私が継ぐ形となりました。

−−卒業後すぐ、株式会社伊勢津に入られたんですか?

いえ、就職して化学メーカーの営業をやっていました。原材料の仕事をおこなっていたので、今の事業と遠い仕事をしておりました。

8年ほどサラリーマンをやっていたんですが、小さい頃から父を見て育っているので働くことのギャップがどんどん出てきたんですよ。

そこから父親の仕事を知ろうと思ったんですが、全くゼロの状態だったので1年間は他の会社へ出向させていただきました。

−−サラリーマンから職人は大変でしたか?

大変でした。子供の頃はなんとなく接していた人が、今は肩を並べて仕事をしているんです。でも職人をしていると自分の会社を客観的に見れるので、いい経験でしたね。

サラリーマン時代はお客様との対応力、現場ではそれぞれの職人さんの癖や、職人さん同士での接し方などを学びました。

私自身その時の経験があるからこそ、いい職人さんが集まってくれて株式会社伊勢津の今があると感じています。

Dボード事業の発展

−−御社のDボード事業について教えてください。

「Dボード」とはスリーエム社の「ダイノックフィルム」を当社工場でケイカル板にラミネート加工してから、壁面に取り付ける工法です。

Dボードの工場を所有する会社は大きい会社さんでも数社しかいないんです。ほとんどが職人さんたち同士で回しているような形ですね。

その中で当社のDボード事業は自社工場を所有し、工場から一貫で対応しているので、高品質でかつ工期を短縮できるんです。

−−Dボードの自社工場を所有しているんですね。

はい。私の代で工場を作ったんですが、父親はとても反対していました。

付き合いのある会社さんから声をかけていただき、倉庫を借りて工場として一から作りました。

機械を持つと維持費や設備投資でものすごくお金がかかるので、その当時は本当に大変で、夜寝ないで一晩中工場にいたり、夜中や朝の4時に工場行ったりしていました。

でやると決めたことなので、絶対に投げ出したくなかったんです。

−−工場を構える上で意識したことはありますか?

より一層従業員・関わる職人・業者さんの仕事が途切れないように、意識してました。

今まで以上にいろんな人を、いろんなものを支えて行かなくちゃいけないと身が引きしまりましたね。

私たちの会社が変遷する中で本当にいい職人さんや、いい従業員さんが今集まってきてくれているんです。その人たちの仕事を絶対に切らさないよう、工場構えた時から強く思っています。

これからの株式会社伊勢津

−−今、大事にしていること

「和」です。私たち株式会社伊勢津・お客様・従業員の三本の柱で建てられているので、すべてバランスよく大事にしていきたいです。

連携がないと、どこかで倒れてしまうんですね。なので「和」を大切にする為にレスポンスを早くすることを心がけています。

それはお客様や外注さん、従業員同士でも一緒です。ちょっとしたタイミングで左右されてしまう業界なので、常にリアルタイムで動けるようにしております。

誰よりも早く動くことを意識することで、強い「和」となれるようにしています。

−−将来の展望を教えてください

今の会社規模を大きくしていこうとは思っていないですが、今一緒にやっている人たちと「和」が大きく強くなって、この先も進めればいいなと思っています。

またお客様にも私たちの取り組みが伝わって、それぞれに対応できるような柔軟性を持ち合わせ紹介案件の出し合いができればいいと思っています。

−−Dボードの事業は今後どのように展開されるのでしょうか?

どうしても多重下請けになりがちな業種で、Dボードをどこに依頼したらいいかわからないとお声をいただくことが多いんです。

現在も商社さんや、問屋さんなど幾つかの企業を回って当社に連絡がきます。そのような状態が続くとお客様のレスポンスが悪くなったり、金額も高くなってしまうんですね。

迷っている企業をなくし、直接品質や価格面などやり取りができればと思っています。

さいごに

今までに、日本橋や、東京駅、大手町界隈の再開発を手がけてきた、株式会社伊勢津 小田社長。現在は内装仕上げ工事とDボードの2事業で会社をやられています。

ご興味ございましたら、下記の企業ページよりご連絡をお願いいたします。

株式会社 伊勢津さま 企業ページ

Be the first to comment on "Dボード事業を新たに発足。父親から受け継いだ会社をさらに発展するために|株式会社伊勢津 小田努社長"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA