運送業から一転。掃除好きが挑んだ清掃業界|ハウスステーション 曽根一郎さん

ハウスステーション

 

今回は、横浜と東京を中心に清掃業をおこなっているハウスステーションの曽根一郎さんに話を伺いました。

掃除好きから始めた事業

−−曽根様は現在どのような仕事をおこなっているんですか?

横浜と東京を中心に、退去後の空室清掃や、新築美装クリーニング、在宅ハウスクリーニングをおこなっています。

−−清掃業の経験があったんですか?

いや、全くゼロで、学校を卒業してから会社員や、運送業をしていました。

性格上、何かに縛られるのが苦手なんです。会社員として工場勤務やサラリーマンはどうしてもできなくて、はじめは自動車が好きだという気持ちだけで運送業を選びました。

トラックで荷物の配送や荷下しを一通り経験した時、掃除も好きだったので清掃業をやりたい気持ちが大きくなり、今度は清掃業で独立しました。

−−清掃業は独学で始められたんですか?

独学も考えましたが、ノウハウがないと限界がありました。

やっぱり自分の部屋の掃除とは要領が全く違うので、2ヶ月ほど運送業時代に教えていただいていました。

仕事の合間の空いた時間に教えてもらうので、交通費だけもらい、あとは無償で勉強させてもらう感じでした。経験ゼロで始めた事業ですけど、好きだという気持ちさえあればなんでもできるんだって自信がどんどん湧きますね。

ハウスステーションに関して

−−仕事に対する思いはありますか?

どれだけ早く綺麗に終わらせられるかを、常に考えています。時間をかければ綺麗になるわけではないですし、汚れに対してどのような洗剤を選ぶか。汚れに対して絶対量があるので、その加減がうまくいかないと満足のいく綺麗さにはならないですね。

たぶん永遠の課題です。

そのような思いで、時間の許す限り限界まで汚れを落として、綺麗にすることを考えてお仕事をさせていただいています。

−−どのようにお仕事は広げられたんですか?

立ち上げ当初は本当に仕事がなくて、一般の方に知っていただく意味も込めてチラシを作って配ってました。

在宅ハウスクリーニングをやっていましたが、新築美装クリーニングの仕事が多くなりだし、その後マンスリー清掃のお掃除や、工場の日常清掃、空室清掃と忙しくなってきましたね。

そうこうしているうちに、今ではマンションオーナーや、企業からのご依頼が多いです。マンションだけでなく、テナントや事務所など、ほとんどの空室清掃は経験させてもらいましたね。

10年以上お付き合いさせて頂いている企業様もいるので、本当に感謝しています。

−−現在の対応可能エリアを教えてください。

現在は横浜・東京エリアを拠点としております。これから、もう少し体制を整えてエリアの拡大を検討しております。

2つの事業と将来

−−自動車業の立ち上げも始められたと伺いました

よく珍しいと言われるんですが、自動車業も行っています。畑違いの業種なので、よくお客様にびっくりされるんです。

やはり自動車が好きで運送業に就職して、掃除が好きだから清掃業を始めたんです。

自動車好きを自分の中で叶えたくて、ある程度清掃業が固まってきたときに立ち上げました。

−−これからの将来像

今年で設立19年目になります。これから先、エリアを拡大して法人化したいです。その為にも協力会社さんがどんどん増えたらいいですね。

お互いに協力し合い、発展していくのが理想です。

さいごに

ハウスステーションの曽根一郎さんに、現在の仕事とこれからをお伺いしました。

協力企業様を募集されておりますので、ご興味ございましたら下記のページよりご連絡ください。

ハウスステーション 会社詳細ページ

Be the first to comment on "運送業から一転。掃除好きが挑んだ清掃業界|ハウスステーション 曽根一郎さん"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA