精神的に辛かった時期に見出したハウスクリーニング。お客様のニーズを聞き出す方法|おそうじアットマークさいたま 内田 勝也さん

おそうじアットマークさいたま

営業職の経験を活かしハウスクリーニング・空室清掃業を行っているおそうじアットマークさいたま内田 勝也さん。

今回は、内田さんより清掃業の魅力と、将来についてお伺いしていく中で様々なお話を聞くことができました。

挫折を経験したその先

−−御社の事業について教えてください。

私たちは埼玉県さいたま市を拠点とし、清掃業を行っています。在宅ハウスクリーニング(個人宅に訪問して清掃する)・エアコンクリーニング・空室清掃などを行っています。

−−清掃業を立ち上げたきっかけはありますか?

学生時代が終わって、営業職に就職しました。お客様の笑顔を直接見ることができるのが楽しくてはじめはがむしゃらにやっていたんですが、厳しいノルマや同僚同士の嫉妬などで社内の雰囲気が重く、私も段々精神的に追い込まれてしまいました。そして最終的には会社を退職してしまったんです。

自分に似たような人がいないかなって調べていくうちに、働きたくても働けない人がたくさんいて、そんな人が働ける場を作りたいって思い始めたんです。

その時、人と会わなくてもやれる仕事ってなんだろうと考えた時、部屋の中が綺麗になる「清掃業」だって思ったんですよ。

−−現在は3つの清掃だけおこなっているのですか?

いえ。在宅ハウスクリーニング・エアコンクリーニング・空室清掃が多いのでメインで打ち出している感じなんです。

店舗の清掃や原状回復リフフォームなど、その他にも相談いただければ行いますし、Webサイトにも少しづつ掲載を増やしていこうと思っています。

実は今年は新型コロナの影響でエアコンクリーニングの依頼が減ってしまったんですが、不動産管理会社様からの空室清掃の依頼は例年より増えてますね。

柔軟な対応力が仕事にも影響を

−−営業職から清掃業だと世界が逆転しそうですね

そうですね。はじめは本当に苦労しました。まったく経験がない業種だったので、何から始めたらいいのかわからなくて、清掃業の会社に2年間位勉強しに行きました。

はじめは空室清掃を主にやっていたんですが、ある日、定期清掃のヘルプに行った時に何もできなくて。周りのスタッフから「何でこんなこともできないの?」みたいな目で見られました。

徐々に経験を積むと現場全体の色んなところに目が届くようになり、指示されていない汚れもついでに綺麗にしようかなって思い始めたんです。

そうしたら、周りの目がだんだん変わっていってくるのがわかりました。

自分で事業始めようとその会社は辞めたんですが、営業職で身につけたコミュニケーションと清掃業の「ついで」を独立後も大切にしていたからか、同業の仲間同士で横のつながりもできて、仕事を出し合うになりました。

その経験があったから、今でもお客様の依頼はプラスαで答えるのが理念になってます。

−−お客様と接する時に心がけていることはありますか?

在宅ハウスクリーニングでは、始めに「気になる汚れはどこですか?」と聞くようにしてます。依頼があった部分と、その周りをより綺麗にすることで、お客様に喜ばれます。

それは空室清掃でもそうです。不動産管理会社様より、マンションの清掃やテナント入居前の清掃の依頼があった際、必ずどの部分が一番気になるのか聞いています。

マンション清掃だと水栓の水漏れ修理等のでちょっとした作業や修繕なら、清掃と一緒にオプションで対応できるので、連絡を密に取りご納得頂いてから代金をいただくようにしています。

テナント清掃だと依頼が急に来ることもありますが、余裕を持ってスケジュールを組んでいるので、まずはどんな風に綺麗にしたいのか、私たちもお客様も納得するまで聞くようにしています。

個人でも企業でも同じ対応をとることで、私たちの強み「柔軟性とプラスα」の提供をしております。

−−清掃業の魅力とは

掃除していくうえで汚れが取れると、すごく嬉しいんですよね。見ていて本当にスッキリしますし。こんなに綺麗になったって実感がとても湧きやすいんですよ。

あと結構「綺麗にしてくれてありがとうございます」と、お礼を言われることがあるんです。感謝の言葉をもらったらこちらも嬉しくなりますね。やりがいが本当にあります。

ハウスクリーニングだと、お掃除のコツを聞かれたりします。もちろん家庭用の洗剤では落ちにくいところを私たちが掃除しているんですが。

汚さないコツを伝えると喜んでいただけるので、私たちも本当に嬉しいですね。

−−今後の展望に関して教えてください

私が経験した営業のノウハウと清掃の知識をたくさん広めて、10年後には“おそうじアットマークさいたま”のアットマークに続く、各地の地名を入れて展開していくことを目指しています。

現在は「さいたま」だけですが、東京・神奈川・千葉とどんどん拡大していけたらと思っています。

さいごに

ご自身の辛い経験や苦労を話していただいた内田さん。現在個人宅のハウスクリーニングより、企業様からの入退去時の空室清掃依頼が多いそうです。

今後の事業拡大の為に、新しいお取引先を募集されております。

おそうじアットホームさいたま様へご興味がございましたら、下記のページよりご連絡をお願いいたします。

おそうじアットホームさいたま様 ページ

Be the first to comment on "精神的に辛かった時期に見出したハウスクリーニング。お客様のニーズを聞き出す方法|おそうじアットマークさいたま 内田 勝也さん"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA